FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2008'01.04 (Fri)

かえる宮殿

292
かえる宮殿ではその頃、大会議がひらかれていました。
もうじき、かえる大臣が遠い国に帰る予定だからです。そして議題はふたつ。
一つは明日の大臣を送るもてなしの方法について、もう一つはかえる宮殿の古い宮殿の取り壊しの件についてです。
「皆さん、どうして差し上げたら大臣のおかえりにふさわしいかな。考えてください。それからあのふるい宮殿は、物凄く値打ちのある建物だそうです。
いかに新婚のかえる姫だとしても、とり壊すのはとても非常識とまで大臣はおっしゃっていますぞ!この議題で今日は協議します」
「わっ!」と、その時いっせいに賛成派が拍手をしました。
「そうだ!そのほうがいいにきまってる。今度建てるといってもなかなか同じものは建てられない。いかに100年前といえども、今日でもちっともおかしくない。荘厳なたてものです!」
ある学者のかえるがたちあがっていいました。
「賛成!!!」
司会者は驚きをかくせませんでした。こんなに賛成が多いとは予想していなかったからです。
勿論反対意見も多数ありましたが、賛成あそれを上回りどうやら取り壊しは免れそうです。
「では一応、取り壊しはやめることにしましょう。それでは大臣の送別会の事について、ええ~」
スポンサーサイト

テーマ : かえる宮殿 - ジャンル : 小説・文学

15:15  |  童話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

君平さんへ

おめでとうございます。ありがとう、かえる宮殿にまでご挨拶していただくなんて・・。
いい案もうかばなかったものですから・・。
夕香 | 2008年01月04日(金) 20:19 | URL | コメント編集

こんにちは。
かえる宮殿さんにご登場の皆さん、明けましておめでとうございます。折角、元旦になったのですから、ちょっとスピンオフした外伝なんか書いても良かったかもしれませんね。
君平 | 2008年01月04日(金) 17:46 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuuka8.blog60.fc2.com/tb.php/504-6e9acf57

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。