FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2007'12.19 (Wed)

かえる宮殿

293
ハーリーは心配していました。果たしてあのかえるさんへの手紙は届いたのだろうか。
というのはおしゃべりのできる碧い鳥を探して手紙を渡してくれるようにたのんでしまったからなのでした。
勿論碧い鳥はひきうけました。
そしてかえるに変身してとどけてくれていたのでした。
お客さんたちはみんな正装をして庭の池のほうにあつまりました。
するとなんとも綺麗なバラの咲き始めた道がまっすぐに続き、池の淵には物凄い数のかえるたちが清冽してみんなをむかえています!
ハーリーも驚きました。
これだけのかえるが一斉にあつまりしかも一列にならんでいるとは。今までにみたこともない光景でした。
その中の一匹のかえるがピヨ~ンとハーリーに飛び移りました。
「どうです?ハーリー様。大成功ですね」
「ありがとう!かえる大臣!お礼をいうよ」
「いえいえ、我々こそお礼を述べなければばりません」
「お客さんはみんなため息をついているよ!よかった!」
スポンサーサイト

テーマ : かえる宮殿 - ジャンル : 小説・文学

18:54  |  童話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuuka8.blog60.fc2.com/tb.php/493-1c15fac9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。