FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2007'12.10 (Mon)

かえる宮殿

287
「えっ、時間が・・?どういうことですか?」
「姫には何も心配ないということだ。それよりも、これから驚くべき事が起きる。私は遠い過去の国からやってきたからなんでも可能なんだ。
姫にはぜひ空中遊泳をたのしんでもらおうとおもって・・」
「はっ?空中遊泳???」
アプリコットはただ唖然とするばかりでした。
このかえる大臣は何者?・・・
「でもどうして私なのですか? ハーリー様もいるのに」
「それは・・私達のことをやさしく理解してくれているからです。そして私達は皆好きなのですが特に姫とハーリー様にが好きだということです。気になさらないでください。ではまいりましょう」
かえる大臣がアプリコットの細い綺麗な白魚のような手をとった瞬間でした。
渦巻く光に包まれてあ~と思う間に高く空中にとびました。
それは池を飛び越えてはるかな大空に自分がとんでいるではありませんか。
アプリコットは目を丸くして風を感じていました。
けれどもそれは何の違和感もなくとっても気分のよいものでした。
スポンサーサイト

テーマ : 児童文学・童話・絵本 - ジャンル : 小説・文学

09:33  |  童話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

ベルニナさんへ

おはようございます。
かえr大臣はちいさいのにえらそうにいばるのでおかしいのです。ベルニナさんもきっと驚くかも~♪
いつもありがとうございます。
夕香 | 2007年12月11日(火) 06:59 | URL | コメント編集

NoTitle

こんばんはー。
とうとうアプリコット姫もかえる大臣に招かれたのですね。
(春の訪れと共に、かえるたちも活動を始めたのですね♪)
何もかもが驚きの連続...アプリコット姫の驚く顔を想像しています。
で、僕もぜひかえる大臣に会ってみたいなぁ~(^^)
(やっぱりおかしくて吹き出しちゃうのかな?...笑)
続きも楽しみにしていますね~♪
ベルニナ | 2007年12月11日(火) 00:30 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuuka8.blog60.fc2.com/tb.php/485-50a76707

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。