FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2007'12.08 (Sat)

かえる宮殿

285
アプリコットはあっという間に池の中に吸い込まれていきました。
初めてのことで驚きのあまり言葉もでませんでした。
「ここはどこ? 私はどうしてここにいるの?」
するとその前にはかえるがたくさんいて、かえるのおばあさんもいました。
「ねえ、ここは?」
「アプリコット姫さま!ようこそ!」
「な、なんなの一体」
「はい、ここは姫さまのお庭です。ごあんしんください。これなるは、かえる大臣様です」
「私の庭?」
「そうです。庭にある池でございます。」
「かえるの大臣様といわれても・・」
アプリコットはさっぱりとわかりませんですた。
「・・・この前聞いたけど宮殿は古いのでとりこわされたんじゃなかったのですか?」
ハーリーにちらっと聞いたことはあるかえる宮殿でしたが。
スポンサーサイト

テーマ : 児童文学・童話・絵本 - ジャンル : 小説・文学

19:20  |  童話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuuka8.blog60.fc2.com/tb.php/482-199e060b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。