FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2007'12.07 (Fri)

かえる宮殿

284
アプリコットはアレンの顔をみましたが、アレンはまだよく眠っているようでアプリコットの小さな声もきいていませんでした。
そっと窓に近づくと、そこにはなんとかえるさんが~!
じっと見ているとしわのあるおばあさんのかえるのようです。
そしておいでおいでをしています。
(ん?おいでといっても、まだこんな格好じゃ・・・)外へでればまだとても寒そうです。
アプリコットはとっさに厚いガウンをきました。
アレンには起さぬようにそっと足を忍ばせて。
いつも身の回りのお世話をしている人は交代していまはやさしいおばあさんです。その部屋もそっと通って抜き足差し足しのび足です。そしてとうとう窓際にいきました。かえるはアプリコットの前にくると
「よくきてくれましたね、では行きましょう」
「どこへ?」
「はははは、何処ってかえるの宮殿にきまっていますよ」
そういうとぎゅっと手を握ったかと思うとあっという間のできごとでした。
スポンサーサイト

テーマ : 児童文学・童話・絵本 - ジャンル : 小説・文学

12:27  |  童話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuuka8.blog60.fc2.com/tb.php/481-2ad92159

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。