FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2007'11.30 (Fri)

かえる宮殿

280
(そういえばダニエルは金の鳥がどうのこうのとちらっとはいっていたが・・・私は置物かとおもっていた。
生きた金の鳥はしんじられなかった・・)
ヘンリーは思い出してかんがえてみました。
(しかし、すごい綺麗な鳥だ・・・)
そして延々とパーティは続きやっと終わりをむかえました。
王はそっとヘンリーに近寄りました。
「ヘンリー、話がある」
「・・・」ヘンリーは黙って頷きました。避けて通れない事でしたから。
「お前に合わせたい人がいる!」
「は?誰ですか?」
「いけばわかる」
別室に入るとまっていたのは、なんとあのダニエルではありませんか。
「ダ、ダニエル・・・?」
ヘンリーは真っ青でした。
「いったいどうしてここに・・・」
スポンサーサイト

テーマ : 児童文学・童話・絵本 - ジャンル : 小説・文学

12:25  |  童話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuuka8.blog60.fc2.com/tb.php/476-63de6458

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。